ホーム » お悩み解決トピックス » 人間関係のブロック » 子供 » バレンタインデーの友チョコで娘のことが気になるブロック解除

バレンタインデーの友チョコで娘のことが気になるブロック解除

*目次

今どきは本命チョコより友チョコのほうが流行りのようですが、友チョコ作りに励むのが大学生の娘となると、親としては彼氏は?就活は?と色々言いたいことも出てきます。そのモヤモヤをブロック解除したら、友チョコが就活につながったという驚きの事例です。

1.友チョコづくりに明け暮れる大学生の娘

バレンタインデーと言えばチョコレートですが、数年前から女の子がお付き合いしたい男の子に贈るより、女の子同士で渡し合う「友チョコ」が流行ってますね。

我が家も大学生の娘が部活の仲間のために、と、数日前から材料を買い込み、大学生なのかショコラティエなのか!?と思うほどチョコ作りに明け暮れていました。

2.もう大学生なのに・・母親のモヤモヤ

バレンタイン前日、娘が手作りした中から余ったチョコを数個私にくれました。
上手に出来ていましたが母親としては色々とモヤモヤしました。

理由は
・大学生なのだから学業が本分!勉強はしているの!?
・友チョコではなく彼氏はいないの?
・就活はどうなってるのかしら!?

です。

皆さんもきっと同じ気持ちになるのではないでしょうか?

3.親の過干渉だと気づきブロック解除

しかし、学生とは言え、もう20歳も超えた大人。
それ以上は母親の私の過干渉のブロックだ!と思い直しました。

そこでモヤモヤしたことはひとつずつブロック解除。

・大学生なのだから学業が本分!勉強はしているの!?
・友チョコではなく彼氏はいないの?
・就活はどうなってるのかしら!?

解除した後はなんとなくすっきりして光が見えたように感じました。

4.友チョコから保育園面接のお話へ!

次の日のバレンタインデーには、娘からもらったチョコを出先で口さみしくなったら食べようとハンドバックに入れて出かけました。

出かけた先で、もう何年も会ってなかった旧友にばったり出会いました。

バレンタインデー当日だったのでチョコの話になり
「保育系大学に行っている大学3年の娘が手作りしたの」と、
旧友とお連れの方にもチョコをお裾分けしました。

すると、1週間後その友人から連絡があったのです。

実はその時ご一緒だったお連れの方が
「娘さんが保育系大学の3年生なら、そろそろ就職活動でしょう。
もしよかったら自分は保育園を経営しているので面接を受けてみませんか」
と言っているというのです。

心のこもったラッピングと手作りチョコのおいしさで、
良い娘さんだということが分かりました。

ともおっしゃってくださったというのです。
ありがたいお申し出に驚きました。

娘に話すと、なんと受けたいと考えていた候補の園のひとつでした。

5.潜在意識の力を感じるブロック解除後のご縁

そこで私はブロック解除したことを思い出しました。

もちろんチョコのことや友人の関係の方ということ抜きでも
就活はうまく行くかもしれません。

しかし、この出会いはやはり潜在意識の力無くしては
生まれなかったご縁と私は感じました。

大学生となると
こちらは高い学費を払っているのだし、とか
まだ社会人ではないから、、、と
いつまでも子ども扱いをしてしまいますが、
れっきとした大人。

お互いに親離れ、子離れしないと先の人生にもいい影響は与えません。

いい年の子どもにまで心配のあまり過干渉になり
口うるさく言ってしまう方は、
心のブロック解除をしてみませんか?

きっと素敵なご縁が向こうからやってくること、間違いありません!

(公認リサーチャー 鷲浦朱里)

最新のお知らせ